クリニックからのお知らせ Clinic Information

第44回日本肩関節学会に行ってまいりました。

2017-10-29 (Sun) 20:31
第44回日本肩関節学会
第14回肩の運動機能研究会
会期:2017年10月6日(金)~8日(土)
会場:グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)
 
東京都港区で行われました、日本肩関節学会に当院より、院長をはじめ理学療法士5名参加させて頂きました。
2日間通して1000名からなる医師及びコメディカルが参加し、発表及びディスカッションが活発に行われました。
毎年、日本全国で行われている、肩関節学会に参加させて頂いておりますが、今年は、私も発表させて頂きました。
 演題番号1番
 「関節適合性を考慮した肩腱板トレーニングの効果」
研究会の最初の発表でありましたが、あまり緊張せず、しっかりと当院の考えを伝えることが出来たと思います。
会場からの質問にもしっかりと答えることが出来、高評価も頂けました。
これも発表に当たり、ご指導頂いた院長をはじめ、スタッフの皆様のおかげだと思います。
現在、この新しい肩腱板トレーニング方法(Inner 5)は当院患者さんに指導させて頂いておりますが、今までの一般的な肩腱板トレーニングとの効果の差は歴然で、治療にかなり有効だと感じています。
 また、学会においては、院長も肘関節外側で観られる、離断性骨軟骨炎の発表に対してや、肘関節が肩甲帯に与える影響に対しての発表に対して、当院での最先端の考え方を、医師や理学療法士の方々に質問されておられ、発表された先生方も後で挨拶に来られるなど、さすが院長だなと感じました。
 そして、2日間懇親会もさせて頂きましたが、そこでも全国で有名な先生方と熱く語らうことが出来て、本当に勉強させて頂けました。毎年ながら懇親会を開催して頂いた、院長ならびに池田先生(池田整形:奈良県)には心より感謝致しております。
 文責 理学療法士 永野章雄

Blog Category

求人案内

新着情報

お問い合わせフォーム

 

第61回Cross Road...

平成3­0­年1­2­月5­日(水)2­0­:0­0­~2­2­:0­0­開催場所:医療法人せいすい会あそうだ整形外科クリニック第6­1­回C­r­o­s­s­R­o­a­d­s­勉強会を開催しました演題:「K­I­N­G­変法(内側上顆の切除)による右肘部開放術後療法」について大坂整形外科医院税所あおい先生今回は、肘部管症候群に対し、右肘部開放術を施行された症例に対しての後療法を発表して頂きました。肘部管症候群は、肘関節内側部にある尺骨神経の通り道(尺骨神経溝、O­s­b­o­r­n­e­バンド部)の絞扼や尺骨神経脱臼、肘変形による遅発性神経麻痺など様々な原因.­.­.­
infomation
ページ最上部へ