リハビリ・スポーツ外来 Rehabilitation

リハビリ室の風景

リハビリテーションとは?

リハビリテーションとは、何らかの原因で日常生活や社会活動(仕事、趣味、スポーツ活動など)に支障がある方に、元の生活に戻って頂くための過程のことです。

■ 主な一般整形分野での治療

​一般整形分野では、身体の退行性変化(特に姿勢変化)や、種々のストレスにより身体に異常を来たし、疼痛などが原因で日常生活や社会生活を円滑に行うことが出来なくなった方々に対して、医師と理学療法士の管理下において、様々な治療を行っています。

治療においては、術後早期から関節の動きを再獲得し、筋機能の回復を図るとともに、受傷に至った原因に対しても、再発予防の観点から、治療を行っています。また、骨折や筋・腱・神経の損傷、慢性外傷性疾患などの日常的なストレスからくる障害(五十肩や変形性関節症など)に対しても、その発生原因を追究し、組織の修復および姿勢やバランス能力を中心に改善を図る治療を行っています。
 
姿勢バランス評価
足底板
・ 関節や筋肉の痛みなどの身体の不調を取り除きます。
・ 再発防止のための姿勢改善や動作指導を行います。
・ テーピングなどを用いて、疼痛の改善・動作改善を図ります。
・ 必要に応じ、足底板を作成していきます。

■ 主なスポーツ選手に対するリハビリテーション

スポーツ選手のためのリハビリテーションには、スポーツで生じた傷害を治す過程(メディカルリハビリテーション)と競技復帰を視野に入れて、様々なスポーツ特有の動作を再獲得していく過程(アスレチックリハビリテーション)があります。

また、傷害を治している期間に傷害をしていない身体部位の機能が低下しますので、その機能を低下させないためのトレーニング(患部外トレーニング)や、傷害発生に至った原因を動作解析装置などを用いて解析し、傷害を引き起こさないような身体トレーニングを行っていきます。
テーピング ストレッチ指導
・ 関節や筋肉の痛みなどの身体の不調を取り除きます。
・ 傷害を起こさせない動き方を練習していただきます。
・ テーピングなどを用いて再発予防及び競技力向上を図る。​
・ 足底板を用いて、疼痛の消失を図るとともに、スポーツ動作が円滑に行えるようにしていきます。
・ 動作解析を用いて傷害が発生するメカニズムを理解して頂きます​。
・ 障害を起こさせない身体作りをして頂きます。​

動作解析
各種ex
バランス能力向上

Blog Category

求人案内

新着情報

お問い合わせフォーム

 

第61回Cross Road...

平成3­0­年1­2­月5­日(水)2­0­:0­0­~2­2­:0­0­開催場所:医療法人せいすい会あそうだ整形外科クリニック第6­1­回C­r­o­s­s­R­o­a­d­s­勉強会を開催しました演題:「K­I­N­G­変法(内側上顆の切除)による右肘部開放術後療法」について大坂整形外科医院税所あおい先生今回は、肘部管症候群に対し、右肘部開放術を施行された症例に対しての後療法を発表して頂きました。肘部管症候群は、肘関節内側部にある尺骨神経の通り道(尺骨神経溝、O­s­b­o­r­n­e­バンド部)の絞扼や尺骨神経脱臼、肘変形による遅発性神経麻痺など様々な原因.­.­.­
side_bana
ページ最上部へ